青汁を飲んだ口コミ

青汁が本当に体にいい理由は、この成分!

青汁の中にはさまざまな成分が含まれていますが、特に代表的なのはケールと大麦若葉です。
ケールは身体に欠かせない降参か物質を含んでいることで最近注目されていますが、もう一方の大麦若葉もその効能から関心を集めている植物です。
 大麦若葉はその名のとおり大麦から伸びる成長著しい若葉の部分を摘み取るもので、非常にたくましいエネルギーを含んでいる野菜です。
 実際に大麦若葉は、青汁の原料としてケールと並んで配合されているぐらい、ポピュラーな植物です。
大麦若葉はケールに比べるとそんなに苦味もないことから、大麦若葉を主原料に作られた青汁は、
他の青汁と比べても非常に飲みやすい味であることが分っています。人によっては苦味を感じるどころか美味だと感じる方もいるほどです。
 そして大麦若葉は先ほども触れたように、人間の身体に必要不可欠な栄養分をしっかり含んでいる野菜であって、
特に食物繊維を豊富に含んでいることで知られています。食物繊維の含有量は、代表的な野菜(ごぼう)の8倍ですから、
便秘に悩んでいる人には非常にありがたい野菜だと言えます。
 実際に青汁を飲む方には、便秘解消の効果を期待する人が多いので、同様の悩みを抱えているみなさんには、
ぜひ大麦若葉を主原料とした青汁を愛飲される事をお勧めします。
 そして主成分の雄のもう1つ「ケール」は、ヨーロッパを中心として、特に地中海沿岸を原産地として知られているアブラナ科の植物で、
キャベツやブロッコリーの原種ともいわれています。ヨーロッパではでは料理の食材として使われることも多いのですが、
日本ではそもそも自生しているタイプの野菜でもないですし、スーパーで販売されている野菜でもありません。
そのため日本では料理用の食材と言うよりは、青汁の原材料として栽培されていることが多いです。
 近年の研究で、ケールには発ガン性物質の活動を抑制する効果があることが明らかになるなど、非常に有益な野菜としてますます注目が集まっています。それもそのはず、ケールは緑黄色野菜の中でも、ビタミン類やミネラル類のうち、人間の身体に必要な栄養成分をバランスよく含んでいる植物で、
まさに天然の万能サプリメントと言われるほどの効能がある野菜です。
特にビタミンAやカルシウム、最近ストレス耐性が高まるとして人気の成分「ギャバ酸」なども豊富に含んでています。
本来は苦味があるのですが、青汁に生成されるときに苦味を取り除いたりのどごしのよい加工がなされているので、
青汁から気軽に摂取することができます。

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁