青汁を飲んだ口コミ

実際にあった青汁効果

青汁と言えば、強面の俳優さんが「不味い! もう一杯!」と凄むCMの印象が強くて
ものすごく不味いものというイメージがありました。
ある時、ちょっとしたきっかけでその不味い青汁とは別の、
「美味しい」ということを前面に出した青汁を飲む機会がありましたので
その時に体験したことをご紹介します。
私の中で青汁というのは、
緑色の絞り汁を一杯分ずつパッキングされたものというイメージだったのですが
手元に届いたのはサラサラの粉末がスティック状の袋に一杯分ずつ分包されたものでした。
手始めに水に溶かして飲んでみると、普通の粉末のお茶のような味わいです。
全く不味いとか飲みにくいとかいうことはありませんでした。
これを、1日に1~2袋程度、好きな飲み物に溶かして飲めばいいとのことだったので
普通に水に溶かしたり、定番の牛乳やヨーグルト、フルーツジュースに溶かしたりして
しばらく飲み続けていたのですが
2日めくらいに早速、お通じが良くなっていることに気がつきました。
青汁と言っても説明書を読んだ限りでは、何種類かの青葉をフリーズドライにして粉砕したもので
便秘にそんな即効の効果があるものなんだろうかと不思議に思って
表示成分をよく見直したら、「難消化性デキストリン」が配合されているとのこと。
この成分はいわゆる食物繊維で、便秘によく効くことで有名です。
恐らく結構な量が入っているのでしょう。
下剤を使うのとは違い、とても自然なお通じでおなかがすっきりしました。
ただ、この件に関しては青汁効果というよりは食物繊維効果かな...と思いました。
一週間ほど飲み続けてふと気がついたのですが
もともと眠りが浅くて日中は眠くて仕方がなかったのが
このところ随分と眠りが深く、朝の目覚めが気持ちいいのです。
この数日で何か変わったことと言えば青汁を飲み始めたこと。
もしかして、睡眠の改善に効果があるのだろうかと調べると
青汁の原料の一つであるケールに、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが多く含まれているので
青汁には睡眠不足を解消する効果があるとのことでした。
これは便秘解消に次いでありがたい効果です。
また、自分が飲むのと同時に高校生の娘にも飲ませてみたのですが
顔中にできたニキビに悩んでいたのが、1週間ほどで随分と改善されて吃驚していました。
若い方が効果の表れ方が顕著なのでしょうか。
正直、青汁は不味いから効くのであって美味しい青汁なんて気休め程度では...と思っていたのですが
飲んでみて結構色々な効果が出たことに驚きました。
美味しい青汁も、なかなか侮れないと思います。

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁