青汁を飲んだ口コミ

毎日青汁を欠かせていません

いきなり、自慢ではありませんが、私は幼少のころから青汁を飲用しています。なので、青汁の飲用歴は今からさかのぼる事40年近くになります。
自分ですごいと思う今日この頃です。
そもそも青汁を飲むきっかけとなったのは、親から無理やり飲まされたのがきっかけでした。
飲み始めた当時、私はその独特の苦さに敬遠していました。当時、まだ幼かったので、苦いものは無理でした。
ですが、砂糖を入れることで私でも飲めるようになったのです。
青汁の歴史について少し触れてみます。
青汁とは、もともと九州地方で飲まれていたもので、その材料は、ケールという葉っぱの油です。
青汁には、独特の苦味があり、敬遠されがちでした。私でも、小4までは、生で飲むのは無理だったのが現実でした。
ところが、とある番組でブームとなり、それから急速的に広まったのです。
なんですが、その当時、青汁といえば苦いものという印象をその番組は植えつけたため(番組自体を否定はしていません)、
健康飲料として我慢して飲む、といった用途で飲まれていました。
当時の青汁の苦さはひどいものです。私だって、繰り返し言いますが生ではとても飲みづらかったのです。
ですが、青汁を飲み始めてから体にある変化があったのです。
余談ですが、当時、幼少のころだったか、私は虚弱体質でした。
自慢じゃないですが、子供の運動である鬼ごっこやかけっこなどの体力を使う運動は、人一倍苦手で、
周囲の子よりも発達が遅れていると回りから言われていました。周囲の子からたびたび冷やかされたこともあったほどです。
しかも当時の医師からも、あまり無理な運動はしないようにといわれたことがあったほどです。
ですが、青汁を飲み始めて数ヶ月がたったころからか、体に変化がありました。
私の苦手だった鬼ごっこで、以前よりも早いスピードで逃げることができたのです。これが第一の変化でした。
最初、何でこんなに強くなれたのか、私でもわかりませんでした。
しかし、「親に聞いてみたらそれは青汁のおかげだよ。がんばって飲めたね。」と帰ってきました。
私はそれに喜んで毎日、苦くてもがんばって青汁を飲むようになりました。
大分話が脱線しましたが、私は現在は虚弱体質ではありません。本当です。
現在私が飲んでいる青汁は、エムズワンの緑菜三昧という青汁を牛乳で飲んでいます。
この青汁は、独特の苦味が一切なく、かつ豊富な栄養素が含まれています。
現在では、老化防止のために飲用しています。

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁