青汁を飲んだ口コミ

愛用して、はや10年

我が家では、青汁を愛用しはじめてはや10年となります。青汁も種類がいろいろとあるかと思いますが、私が飲んでいるのは遠藤青汁です。
青汁と聞いて最初に連想されるのは、やはりその味なのだと思います。
TV番組では、罰ゲームとして青汁を飲まなければならないぐらいですから、余程まずいものかと思われるかもしれません。
確かに、美味しいものでないことは間違いありません。青汁の生臭い味が多少するのは仕方のないことと諦めています。
それでも慣れてくると、まずいとも感じなくなります。私は息をとめて一気に飲んでしまいますので、
味に対しては特にまずいとも美味しいとも感じなくなりました。
量が、私の場合、80ml程度なので一息に飲み干すことが可能です。飲み終えた後に、なにか甘いものを飲めば後味もすっきりします。
味でいえば、私が飲んでいる青汁には季節もあります。季節によって、青汁も味が変わるのです。
夏場には、理由ははっきりとは分かりませんが、明らかに濃縮な味わいとなっています。
青汁の独特の青臭さも満点になっていると感じます。それが季節を追い、寒くなってくるたびに味わいがライトとなります。
明らかに、軽く、飲みやすくなっているのを感じます。これは、続けて飲んでいて初めて分かることなのだと思います。
やはり、青汁も生き物で、その環境によって変化しているのだとつくづく感じます。
さて、青汁といえば大事な点がもう一つあると思われます。その効能です。
あまり美味しいとはいえない青汁が、ここまで一般的に知れ渡り、愛用者が多いわけには、
健康に良いだろうという憶測なくしてはありえなかったと感じます。様々な研究で青汁が身体に良いという話はよく聞きます。
私は、十年間飲み続けていますが、その健康の効力にかんしては、はっきり優れているとは断言できません。
もしそれが、健康に良かったとしても、それを証明するだけの根拠をこれだ!と明確に伝えることができないためです。
ただ、我が家は3人家族で、3人とも10年ものあいだ飲んでいて、慢性の病気にかかった者がまだ一人もいません。
正確にいえば、我が家は3人と1匹の犬がいて、犬も少量ですが毎日飲ませていますが、同じように大きな病気にかかったことがありません。
これが青汁の効果かといえば、何とも言えません。ただ、目に見えないからこそ、
青汁が私たちの健康に貢献してくれている可能性は確かに否定もできません。
なにより、依存ではないのですが、青汁を毎日飲んでいるという安心感があります。
飲み続けた最大の理由は、これで健康になっているのではないかという安心感ではないのかと思います。
この部分では、かなり貢献してくれていると断言できます。

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁